学生証は、学生や生徒の身分を証明書です。
その多くの場合には、身分証明書欄に氏名・住所・生年月日・証明写真・学校名・校長もしくは学長名と職印とその証明書の有効期限が記載されています。
中学生や高校生の場合には、生徒手帳を学生証として使用しています。
主に大学や専門学校で交付され、紙製やプラスチック製のものがあり、その作成には学校内の印刷機を使用する方法とカード作成会社に依頼する方法と2種類の方法があります。

学生証を作成する方法 カードの種類はどれくらいある?

学生証を作成する方法 カードの種類はどれくらいある? 学生証は大学や専門学校で交付しており、写真を貼り付けるタイプの場合には学校で印刷していることがほとんどで、プラスチック製のものの場合には、カード作成会社を利用しています。
形態は、それぞれの学校により異なりますが、学校内の図書館を利用する際の入館や貸し出しカードとしても使われています。
近頃の学生証には、クレジットカード機能やICカード、電子マネー機能を一体化しあらかじめお金をチャージしておくことでプリペードとしての使用もできるものもあります。
それに加え、欠席の多い学生の指導や代返防止のために出欠席確認にも利用できるものもあり、さまざまな機能が付いています。
このように学生証には機能によりいくつかの種類があります。

学生証を作成する際に必要なものは?

学生証を作成する際に必要なものは? 毎年、多くの方が学校に入学してきますが、学校側としては学生のためにも学生証を用意する必要性に迫られることが多いです。
学生証が果たす役割については、本人確認の簡素化、生徒手帳より持ち運びにも優れデザイン性があること、バーコード対応で用途に拡張性を持たすことができる点が存在します。
他に手間をかけずに作成することができ、学生が常時携帯しやすい様なカードサイズにしたいというニーズもあります。
そういった学生証を作成する上では、相当数の学生が入学する場合では印刷方式としてプレ印刷方式による方法がお得です。
プレ印刷方式の場合は、ベースとなるプレカードが必要で、まずはそれを作成してからそこに情報を印刷していく流れになります。
つまり必要な物としてはベースとなるプレカード、そしてそこに記載する学生本人の写真と情報を要します。
学生本人の情報は、エクセルなどの電子媒体か名簿などにまとめることがポイントで、写真はJPG形式でファイルに個人との紐づけができるようにします。
また用途を拡張して使いたい場合、バーコードを付与することも可能で例えば図書館の本の貸し出しなどに利用できるなどの活用の仕方もあります。
バーコードの印字も可能の他に、サインパネルを設けたりして学生本人がペンで情報を書き込めるようにもできます。

学生がクレジットカードを作るとき学生証は必要なのか

クレジットカードがあれば、多くの現金を持ち歩く必要もなくなりますし、利用に応じてポイントも付与されます。
海外旅行などでも活用できるため一枚は作っておきたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードも今では18歳以上なら親の同意書なしで作成することができますので、学生さんも作ることは可能です。
学生向けや若年者向けのカードもありますので、比較しながら自分に合うものを選んでいきましょう。
作製の際には身分証も必要になりますが、マイナンバーカードのコピーや免許証の写しなどが活用できます。
学生専用のカードを作る場合は学生証のコピーが必要になることもあるので、こちらも用意しておきたいものです。
免許証などを取得していない場合は、学生証を身分証がわりに使えるのかどうかも気になるところです。
学生証はあくまで、その学校に在学していることを示すものなので、カードを作るときの身分証では認められない可能性があります。

学生証の紛失はそのままにしないで届出をして

学生証は、自分がその学校に在籍することを証明する大切な個人情報です。通学定期券の購入や、学割が受けられるサービスに提示は欠かせません。
IC機能が搭載された学生証がメジャーになってきています。授業の出席管理、校内の施設へ入館チェックなど日常生活で利用するシーンは多岐にわたります。紛失には最大限の注意を払いましょう。
他人が拾って悪用される可能性もあります。届け出を怠ってしまい、他人が利用してしまえばトラブルに繋がります。
本来、校内に入ることのできない第3者が侵入してしまう恐れもあります。
また、あなた自身が学生生活をおくるうえでも支障をきたします。場合によっては試験を受ける事もできなくなってしまいます。
万が一学生証の紛失に気付いた場合は、警察、学校の窓口に速やかに届け出を行ってください。
再交付は日数がかかることがあります。現在は新型コロナウイルスの関係で通常の窓口対応と違っている場合もあります。基本はきちんと管理することです。

偽造防止の機能を備えた学生証でセキュリティも安心

かつての学生証はあまりコストをかけられないことから、単に紙に印刷されたものに写真を貼付したに過ぎない物が主流でした。
しかし、近年になって悪用されるケースも散見されており、何らかの対策が必要な時代となりました。
そんな中で様々な偽造防止の機能を備えた学生証が増えています。特殊な印刷技術を用いて、もしもコピー機やスキャナーなどでコピーした際には「コピー禁止」などの文字が現れ、それが原本ではないことが分かるようになっているものがあります。
ホログラムが貼付されているものでは角度によって光り方が変化し、偽造するのが極めて難しい技術が用いられています。
ここ数年で増えているのが電子チップを内蔵したもので、目視jによる確認だけではなく専用のセンサーで読み取ることで真偽を確かめることができます。
これらの学生証への対策は需要の増加と共に年々コストが下がっており、さほどの負担が無く導入することができるようになり、安心安全への費用対効果を考慮して導入事例が増えています。

おしゃれな学生証ケースを通販サイトで探そう

学生証はお財布に入れている方も多いかもしれませんが、結構取り出すのが面倒に感じているという方もいるのではないでしょうか。
スイカなど交通機関で使えるカードはスマホケースにいれるのも可能ですが、学生証に関しては取り出してぴっぴとする機会があったり、提示するという事も多いのでしまっておくという事はあまりお勧めできません。
おしゃれなパスケースのようなケースがあれば気持ちもあがりますし、取り出す時にもさりげなく個性をアピールすることが出来るでしょう。
パスケースや定期券入れといったカードケースは好きなブランドショップに行けばそこでも用意されている可能性はありますが、ブランドを限定すること無く探していきたいということであれば、ネットで探すのがベストです。
かなりの数の中から捜すことが出来ますし、選択肢も豊富です。きっと自分好みの物を探すことが出来ますし、カラーもポケットの有無なども選ぶことが出来ますのでお勧めです。

学生証モバイルアプリとはどんな機能なのか

今までは紙やプラスチック製のカードで発行されていた学生証ですが、学生の持っているスマートフォンで提示でき、学校側から一括で情報を更新できるのが「学生証モバイルアプリ」です。
学校が独自のアプリを導入しているケースもありますが、無料で導入できる「がプリ!」などもあります。
機能としては、学生証を提示することはもちろん、行事・時間割等のスケジュールが確認できたり、学則・履修要綱等を閲覧することができます。
授業の出欠も行うことができ、手作業・口頭での出欠確認が必要なくなります。
また、push機能を使って学校側から連絡したり、逆に学生・生徒から連絡することも可能で、学校と学生とのコミュニケーションも円滑にできます。バーコード・QRコードを表示し、図書館等への入館時の利用も行えます。
学生側はスマートフォンの管理及びロック機能の設定を徹底すれば、紛失や他人による悪用のリスクを抑えられます。
学校側は発行にかかる時間とコストを解消できるとともに、災害時に速やかな安否確認を行うこともできます。

学生証作成関連リンク

学生証の一括作成に便利なサイト

学生証の作成

新着情報

◎2022/11/10

情報を更新しました。
>学生がクレジットカードを作るとき学生証は必要なのか
>学生証の紛失はそのままにしないで届出をして
>偽造防止の機能を備えた学生証でセキュリティも安心
>おしゃれな学生証ケースを通販サイトで探そう
>学生証モバイルアプリとはどんな機能なのか

◎2018/6/1

学生証で出欠をとるメリット
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

学生証の写真を撮る時のコツ
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

卒業後の学生証
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

学生証をICカード化
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

学生証の作成見積もり
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「学生証 作成」
に関連するツイート
Twitter

昨日は絵とカードのテンプレとバーコード作成して、今日は校章と高校のハンコと学生証の裏面作ったら日曜の夜になってた。 時間足りなすぎて笑えてくる。五連休くらいくれよ。

返信先:

返信先:

返信先:

返信先:学生証風の名刺いいね🥹💗 とりあえず、名刺っぽいもの作成してみるよ🫡💕✨笑